ホーム

メインナビゲーション

トピックパス

ホーム> 地魚づくり

いさき蒲鉾

商品詳細
いさき蒲鉾
小田原蒲鉾協同組合では、小田原の杉の間伐材で造られた蒲鉾板と、小田原の海から獲れた魚から商品を作る「小田原地魚づくり」を企画しました。
小田原は 適正な間伐により、森の健全な状態を保つことで、森から海へと運ばれる豊かな山の養分が、小田原の海の資源を豊かにしてまいりました。

近年、地球温暖化の影響で世界的に魚の獲れる時期、場所に変化が生じてきてます。
小田原では魚が大量に獲れるものの、ここの海もその例外ではありません。
どの魚が大量に獲れるかは分かりません。
そこで、私たちは地元で獲れる、その時々の魚を使って最高の商品を造ることにしました。

今回は、イサキが大量に獲れたので「いさき蒲鉾」をつくることが出来ました。
その「小田原地魚づくり」の第一弾が、この「いさき蒲鉾」です。

小田原の海に、夏、台風の時だけ、沿岸にやってくる魚、イサキ。

肉食性の魚であり、小魚、甲殻類、多毛類などの小動物を捕食して育ったイサキの身が旬なのは、その台風がやってくる初夏。
台風を避けて、沿岸にやってくるイサキを、昨年の夏、小田原の漁師たちが獲ってきて、私たちが自分ですり身にして、冷凍保存しておきました。
蒲鉾の原料として、どのように練るか、どのように味付けするか、商品開発に半年以上かけました。


イサキの魚肉100%を使い、化学調味料無添加の蒲鉾としては初となります。

蒲鉾板には、通常は、樅(もみ)の木の板が使われるのですが、小田原の活性化のために、地元の山の杉の間伐材を利用。

獲れる魚が変われば、つくり方も変わります。ねり具合も味の調整も一からの挑戦です。
まさに、蒲鉾のものづくりマイスターである、上村純正の挑戦の一品であり、まだ挑戦の途上です。

この夏、またイサキが大量に獲れるかどうかは分かりません。
ですから、今年も、この「いさき蒲鉾」をつくれるかどうかはわからないのですが、味や食感などについては、まだ試行錯誤の途中の段階です。
もしご興味を持って頂けたなら、上村純正のこの挑戦、一緒に手伝って下さい。

皆様からの、この蒲鉾へのご感想やご意見を心からお待ちしております。

以下の決済方法でお支払いいただけます

クレジットカード/代金引換

商品コード:J00001

販売価格:540(税込)

(税抜 500)

ただいま、在庫切れです。

配送種別:クール宅急便(冷蔵)

配送サイズ:60サイズ

いさきの魚肉100%を使用。化学調味料は一切使っていません。
魚があるときだけしか作れないので、在庫数に限りがあります。
  • 原材料: 魚肉(いさき)、砂糖、みりん、卵白、食塩、魚介エキス
  • 内容量: 120g
  • 賞味期限: 発送日より10日
  • 保存方法: 要冷蔵(0℃〜10℃)
  • アレルギー物質: 卵
  • 本品は、小麦、乳由来原料を使用した工場で製造しています。
  • 本品で使用している魚種はえび・かにを食べています。
いさき蒲鉾

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201711
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
201712
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 今日    定休日    イベント